FC2ブログ

親子で考える道徳10 泣かないで、強い子ね~泣けない子ども

泣かないで、強い子ね~泣けない子ども

 よくできたわね、泣かないでえらいわね、お母さんとても助かるわ、何でも一人でできるから・・・
子どもは叱らずに、ほめて育てましょうと言われます。そうだとしたら、これらの言葉はまさしくほめ言葉、
子どもに自信を摘持たせる言葉ではないのでしょうか。
そうとは言えないのです。子どもをほめたり、認めたりしているこれらの言葉も、ある状況の中では、
子どもに大きなプレッシャーをかけたり、親子の関係を断絶したりすることもあるのです。

 ある母子が相談に来ました。夫が数年前に他界した後、
夫の親せきとの人間関係等で悩んでいる母親の相談でした。
相談と言っても、母親は、大変ものの見方や考え方がしっかりしている方で、
テキパキと物事を処理しているように見えました。
余りにも完璧すぎるように見えることが、私には不安でしたが。母親が話している間、
小学六年生の女の子は黙って話を聞いていました。この子も母親に似て聡明そうな子でした。
数回の相談の結果、次週からは相談をやめてもいいだろうと考えていました。
その最後の相談の時でした。母親が、突然激しく泣き始めました。
夫のなきあとの数年間を、気丈に健気に生きてきたその強い気持ちが揺らいだのでした。
辛かった分だけ、その嗚咽も深いものでした。
黙ってそれを見ていた女の子が、母親に聞きました。

「お母さん、泣いてもいいの?」
この子は今まで泣けなかったのです。
ここ数年、母親が突然の環境の変化に必死に闘っていたことを知っていたのです。
小さいころから泣いてはいけない、と教えられていたのかもしれない。
どんなに苦しい時にでも、泣かずにいるとほめてもらえたのかもしれない。
「あなたは強い子ね、お母さん、あなたのことが大好きよ。」
この子はお母さんに褒められたくて、母親を喜ばせたくて、泣きたくても泣けないでいたのです。
ここにきて初めて見る母親の泣く姿。泣いてもいいんだ。
堰を切ったようにその子は泣き始めました。
泣いている母に抱かれ、女の子も思い切り泣きました。
この時の相談以来、二人には会っていません。
でも彼女たちは母子関係を好ましいものに変え、
二人で(時には泣きながら)厳しい環境に立ち向かっていることでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR