FC2ブログ

震災詠十二句

震災詠十二句

誰が統ぶやこの荒涼の春の惨  
            
渚より蛍となりて帰り来よ 
    
捜す手の祈る掌となる秋立つ日 
    
荒涼の春となりけり放れ牛  
   
鉄橋の落ちて鮎なき川となる
     
故郷へ線路途切れて秋の雲 
    
祈りもて陸奥新酒酌みにけり 
    
烏瓜手繰るが如く友の逝く 
          
三月は悲の月十日我が生る 
   
春寒ヤ下ノ渚二居リマス賢治

園舎なき空をただよふ石鹸玉

原発や白詰草に遊べない

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR