FC2ブログ

震災詠八首

震災詠八首

今夜またあるかも知れぬ大地震リュック背負ひて花の種蒔く 

町に入る私鉄の鉄橋今はなく痩せたる川に鮎の上らず  

たつぷりと水をふふみて剥かれたる福島の桃 色変わりゆく

好きなだけ掘れとスコップ渡さるる出荷停止の解けぬ竹の子 

向日葵のごとき帽子を胸に抱き少女のうなじ黙祷に折るる 

引き上ぐる網の魚の感触を笑顔で語る船なき漁師

悠々と磐城平を雲の行く還らざるひと還れざる人

窓閉じて帰還状況聴くバスの後部座席に煎餅の音

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR