スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯野 立春~今日の季語303 #kigo #jhaiku

椿2


悴むや砂漠の刃指す額

家族とう十六坪の枯野かな

熱燗の首に添へたる憂ひかな

殺戮の朝となりけり春寒し

立春の子に問はれたる牢屋とは

諭す息うつむく息も白きかな

湯ざめして思い出したる小言かな

初めての言葉の光る二月かな

梅一輪母の吐息の背なにあり

壺焼きの滾る一人の夕餉かな 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。