スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍 喪の庭~「塔」3月号 江戸雪・選 #tanka #jtanka #塔

クリスマスローズ2


従軍 喪の庭~「塔」3月号 江戸雪・選

冬銀河ながるる大地はるかなり国境事変従軍記章

冬ざくら散りてはりつく霜の道踏みてちかづく重き靴音

十二月八日ハイビスカスと霜の朝祈りて逝きし思ひに適ふや

小鳥くる朝の紅茶の角砂糖妻の視線にくづるる私

喪の庭に植ゑしビオラに霜の朝彩り添へし小鳥の来たり

1月号 山下選歌欄評  嶋寺洋子・評

秋の日の灼けし畳に形見分く姉妹の黙すひざ頭かな

亡くなられた方の形見を分ける状況。姉妹とあるのでお母様の形見かとも思われる。秋の日の色あせた畳の上に遺品を並べ分けている時に寄る膝頭に目線をすえて焦点を絞っているのがとても良く印象深い。季節の秋と無言の膝頭が悲しい。「灼けし」の字によって残暑厳しい様子が見える。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。