スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルンルン~病院にて(11)

春を待つ
 

昨年末の人間ドックで2か所の再検査を指示された。

 1月に入り2週続けて内視鏡検査を受けた。胃の検査は結構苦しかったが、終始、看護婦さんが(看護師さんて言わないといけない?)優しく声を掛けながら背中をさすってくれていた。(ルンルン)終わって「とても楽に検査ができました」と礼を言った。大腸内視鏡は、検査経過を診察台上の画面で見られるようだが、とてもその勇気はなく、眼鏡をはずして受けた。

 さて、今日はその結果を聞く日だった。遅いと駐車場に入れないので2時間近く前に病院に着くようにした。駐車場から病院に入る間に体が冷えた。幸い院内にはスタバが開いていた。コーヒー代を払うと、私の手のひらに手を添えてお釣りを渡してくれた。(最近多いよね。)「まあ、外はずい分寒かったのですね。」孫と観ている「アンパンマン」のメロンパンナちゃんのメロメロパンチを見舞われた気分だった。(ルンルン)
 検査結果はまあまあ。ピロリ菌の除去をすることになった程度。会計は140円。コーヒー代より安かった。1割負担でルンルンしたいところだが、若い人たちがたくさん払っていることを思うとそうもいかない。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。