スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ 人面魚~「塔」2月号 栗木京子・選 #tanka #jtanka #塔

谷川岳

かもめ 人面魚~「塔」2月号 栗木京子・選

チェーホフを観終へ昏れたる街となる舗道にかもめの如き紙くづ

公園に幼と追へる赤とんぼブロンズ像の乙女の胸に

二十年前の噂に人面魚だまつてゐよう紅葉映ゆる池

安産を祈る社の朽ちたる巨木 窪に置かれし指輪の二つ

家計簿にぬりゑ拾円あめ伍円 義母の遺品に妻の少女期

我が老いはまだ老いならず晩秋の日暮れによろぼふ足元なれど


12月号 作品合評 祐徳美恵子 長月 優
 
星近きテント抜け出て雪渓に先輩待ちゐるウヰスキーを掘る  加藤 宙

祐徳 この先輩はすでに亡くなった方だと思う。雪山の遭難事故などで亡くなられた先輩に
ウイスキーを献杯して酌み交わす。作者しか知らない場所に埋めておいたウイスキー
はここ何年もあるいは何十年も埋められているのだろう。その山に登山する度、ま近に
先輩とたましいの交流が出来ると作者は感じていることが「雪渓に先輩待ちゐる」という
表現から読み取れる。
こんな人間らしいこだわりに強く惹かれた。

長月 動きを表す単語の多いながらもばたつかず、さながら冬山の張りつめた空気感のある
歌だと思いました。祐徳さんの「評」と同じく「先輩」を故人として読むと、その先輩を今も慕い、
悼んでいる主体の感情が、動作だけをえがく言葉の間に滲んでいるように感じました。
ウイスキーが主体と先輩の間の時の流れを留めているような印象も受け、よいモチーフに
なっていると思いました。

◎ 初めて「作品合評」に採り上げていただきました。どのような基準のもとにこの欄で合評さ
れるかは知りませんが、うれしいことに変りはありません。
   学生時代は結構山に登りました。1週間ほど同じ場所にキャンプしたこともありました。
その時の思い出を歌にしたものです。表現や内容の読み取り方はいろいろあっていいの
でしょう。こんなにも丁寧に読んでいただいたことに感謝いたします。         (宙)



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

加藤 宙

Author:加藤 宙
俳句や短歌,日々の思い等をつぶやきます。絵本を好んで読み、「幸福とは何か」「わかるとは何か」「祈りとは」などについて考えています。日が暮れる頃、美味しい肴で至福の時を迎えます。「塔」短歌会。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。